特許庁:ネイルサロン「Ellenail」は、有名ファッション誌「ELLE」と混同のおそれなし

[Newsletter vol. 163]  特許庁は、令和4年10月7日、ネイル用品・ネイルサロンにおける商標「Ellenail」の使用が、有名ファッション誌「ELLE」との間で出所混同を生ずるかが争われた異議申立事件 続きを読む…

特許行政年次報告書2022年版

[Newsletter vol. 157] 知的財産制度を取り巻く現状と方向性、国内外の動向と分析について、直近の統計情報、特許庁の取組等を取りまとめた「特許行政年次報告書2022」が公表されました。商標に関する主な内容 続きを読む…

特許庁:向きや角度を変えてもプーマの著名なフォームストライプと出所混同のおそれあり

[Newsletter vol. 155]  特許庁は、令和4年6月21日、登録第6269999号図形商標(以下、本件商標)が、ドイツ法人PUMA SEが1958年から同社のスポーツシューズの側面に使用しているフォームス 続きを読む…

特許庁ステータスレポート2022

[Newsletter vol. 149] 特許庁は、3月30日、「特許庁ステータスレポート2022」を公表しました。 <以下のデータ、図表は同レポートより抜粋> 昨年(2021)の日本での商標出願件数は、前 続きを読む…

知財高裁:不争義務違反の商標不使用取消審判請求は、信義則違反&権利の濫用に該当

[Newsletter vol. 147] 知的財産高等裁判所は、令和4年1月19日及び2月10日、商標登録第5545466号(本件商標1)及び商標登録第5674320号(本件商標2)が日本国内において使用されていないた 続きを読む…

特許庁:「DIORLV」と「zovladior」、クリスチャンディオールと相紛らわしいのは?

[Newsletter vol.145]  フランスの著名なファッションデザイナー「Christian Dior」(クリスチャンディオール)を指称する商標「Dior」と、第三者の出願に係る商標「DIORLV」及び「zov 続きを読む…

The Fashion Law / Hermès is Pushing for Color Trademark for its Product Packaging in Japan

[記事掲載日:2021年12月14日] ヨーロッパを代表するファッション法律メディア『The Fashion Law』が、マークス英語ブログ「JAPAN TRADEMARK REVIEW」で紹介した「エルメス・パッケージ 続きを読む…

特許庁、判定事件:ワインボトルの立体的形状及びデザインに係る商標権の効力範囲

[Newsletter vol.140] 第33類指定商品「ワイン」において立体商標として登録された国際登録第1174009号商標(以下、本件商標)の権利者SANDRO BOTTEGA社から、イ号標章の形状を施した商品「 続きを読む…

ASIA IP LAW / JPO Refuses Request To Register Demon Slayer Costume

人気アニメ「鬼滅の刃」の主人公・炭治郎のコスチューム柄の商標出願を特許庁が拒絶した件について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークス・三上代表弁理士の解説記事が、ASIA IP LAW 続きを読む…

ASIA IP LAW / JPO dismisses Mary Poppins

マークス英語サイトで紹介した「メリーポピンズ商標登録無効審判」(審判番号:2019-890040, 公報発行日:2021年6月25日)について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークスの 続きを読む…