メディア掲載

海外の知財メディア(World Trademark Review, The Fashion Law, Trademark Lawyer Magazine, Asia IP Law, WWD, IP Watchdog, Intellectual Property Watch)や国内メディアからの商標に関する取材及び投稿

ASIA IP LAW / JPO Refuses Request To Register Demon Slayer Costume

人気アニメ「鬼滅の刃」の主人公・炭治郎のコスチューム柄の商標出願を特許庁が拒絶した件について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークス・三上代表弁理士の解説記事が、ASIA IP LAW.COMサイトに掲載されました。記事全文は、こちら

[メディア掲載日:2021.10.13]

The request to register Tanjiro’s costume pattern as the intellectual property was refused by the Japanese patent office.

The Japanese Patent Office issued a “Notice of Reasons for Refusal,” stating that the trademark could not be registered because the Tanjirou Kamado design resembles a “checkerboard pattern.” Shueisha (Demon Slayer manga publisher)   responded in writing, but the ruling was not overturned.

“Tanjiro’s costume pattern has been known as a traditional Japanese checkered pattern in the name of “Ichimatsu Moyo”. Article 3(1)(vi) of the Japan Trademark Law prohibits the registration of a trademark solely consisting of a pattern in series to be considered as background design due to a lack of distinctiveness,” says  Masaki Mikami, Attorney at Intellectual Property Law, Marks IP Law Firm in Japan. “The JPO examiner decided to reject the pattern based on the article.”

Mikami adds that the matter is not a costume, but a pattern or design of the costume. “Even though the costume is simple, it is registrable if it contains a distinctive element or device,” he says. “Tanjiro’s costume pattern consists of squares in series in two colors (black and green). Such patterns have been widely used on various goods in Japan as a background design before the release of Demon Slayer.”
  
To confirm the registrability of the costumes, Misaki says, it is advisable to confer with an IP attorney who has good experience of prosecution and investigation for prior designs and trademarks.

メディアに掲載された過去の記事は、以下をご覧ください。

人気アニメ「鬼滅の刃」の主人公・炭治郎のコスチューム柄の商標出願を特許庁が拒絶した件について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークス・三上代表弁理士の解説記事が、ASIA IP LAW.COMサ…

マークス英語サイトで紹介した「メリーポピンズ商標登録無効審判」(審判番号:2019-890040, 公報発行日:2021年6月25日)について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークスの三上代表弁…

マークス英語サイトで紹介した「LE TAN/ルタン」商標異議申立事件」(異議申立番号:2020-900184, 公報発行日:2021年4月30日)について、イギリスの知財メディア「The Trademark Lawyer」の取材に…

マークス英語サイトで紹介した「アルマーニロゴ商標異議申立て事件」(異議番号:2020-900093, 公報発行日:2021年3月26日)について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」より取材を受け、マークスの三上代…

元弁理士が数多く商標出願している問題について、マークス代表の三上弁理士が、世界最大の海外商標メディア「World Trademark Review (WTR)」の取材に応じました。記事全文は、こちら(注意:閲覧には登録が必要です)…

マークス英語サイトで紹介した「シャネルロゴマーク商標異議申立て事件」(異議番号:2019-900284, 公報発行日:2020年12月25日)について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークスの三…

マークス英語サイトで紹介した「メルセデスベンツStarParts商標不服申立て事件」(不服審判番号:2020-650009, 公報発行日:2020年11月27日)について、知財メディア「The Trademark Lawyer」の…

ヨーロッパを代表するファッション法律メディア『The Fashion Law』が、2020年の世界の商標(Trademark)で特に気になったニュース(Year in Review)Top 13を公表。その中に、マークス代表の三上…

知財に関する世界三大メディアの一つ「The Trademark Lawyer」からの取材依頼に応じ、東京地裁が2020年10月22日に下した、並行輸入に関する商標権侵害訴訟事件判決(平成30(ワ)35053)について、マークスの三…

世界最大の海外商標メディア「World Trademark Review (WTR)」の取材に応じ、日本での「色商標」(Color trademark)に関する知財高裁判決、及び最近の審査状況について、マークス代表の三上弁理士の専…