メディア掲載

海外の知財メディア(World Trademark Review, The Fashion Law, Trademark Lawyer Magazine, Asia IP Law, WWD, IP Watchdog, Intellectual Property Watch)や国内メディアからの商標に関する取材及び投稿

ASIA IP LAW / Christian Louboutin Failed To Register Red Sole Trademark in Japan

[記事掲載日:2022.8.10]

高級女性靴ブランド、ルブタンの赤色の靴底(レッドソール)の色商標出願を特許庁が拒絶した件について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークス・三上代表弁理士の解説記事が、ASIA IP LAW.COMサイトに掲載されました。記事全文は、こちら


The Appeal Board of the Japan Patent Office (JPO) rejected the trademark registration by French luxury shoemaker Christian Louboutin for its signature red soles. Louboutin filed the colour mark application for high heel soles coloured in red (Pantone 18-1663TP) back in 2015, which was refused by the JPO examiner. Louboutin filed an appeal against the refusal, and in June 2022 the Appeal Board of JPO refused the registration again.

Masaki Mikami, founder and attorney at Marks IP Law Firm in Osaka, explained the grounds for JPO’s refusal of Louboutin’s colour mark registration. “The JPO considers two factors in assessing registrability of a single colour mark. First factor is ‘acquired distinctiveness’ by virtue of substantial use of the color per se as a source indicator. Second factor is ‘balancing unfair restraint to competitors with benefits to brand owner if granted protection to the single colour mark’. The JPO denied registrability of the Louboutin’s color mark even if it demonstrated a certain degree of reputation among relevant consumers in Japan by weighing on the second factor.”

Louboutin has been active in protecting its red-soled shoes via trademark lawsuits. In 2010, the brand successfully registered a Benelux trademark for the colour red (Pantone 18-1663TP) applied to the sole of a shoe, later amended to be applied to the sole of high heels only. In 2012, Louboutin sued the Dutch shoe retailer Van Haren for infringing its trademark of high heels with red soles before the Hague District Court. After years of litigation, the Court of Justice of the European Union eventually ruled that Louboutin’s red sole trademark was valid in June 2018.

Louboutin also registered for the red sole trademark in the US in 2008, and filed a trademark lawsuit against Yves Saint Laurent (YSL) in 2011 for selling monochromatic red shoes with red soles. In 2012, the New York Court of Appeals ruled that Louboutin’s red sole trademark is valid for protection except when the shoe itself is also red. Thus YSL can continue to sell its red shoes, while the validity of Louboutin’s trademark rights on the red sole is affirmed as well.

Based on the JPO’s decision on the Louboutin red sole trademark case, Mikami believes that Japan has stricter criteria compared to other jurisdictions when it comes to colour mark applications. “So far, the JPO just allowed registration of 9 color mark (no single color, only a combination of colors) by finding acquired distinctiveness in Japan,” he said. The success rate is as low as 1.6%.

The Louboutin red sole trademark case can serve as an example for other brand owners before applying for colour marks in Japan. “Unless brand owners are confident that the colour per se has acquired a certain degree of reputation as a source indicator (at least, higher than Louboutin’s red sole), as a matter of fact, it might be a long road to go to nowhere,” Mikami said.


メディアに掲載された過去の記事は、以下をご覧ください。

[記事掲載日:2022.8.10] 高級女性靴ブランド、ルブタンの赤色の靴底(レッドソール)の色商標出願を特許庁が拒絶した件について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークス・三上代表弁理士の解説…

[記事掲載日:2022.6.16] ルブタン・レッドソール(色商標)に対し、特許庁が自他識別力を欠くとして登録を拒絶した審決について、マークス代表の三上弁理士が、世界最大の海外商標メディア「World Trademark Revi…

[記事掲載日:2022年6月13日] ヨーロッパを代表するファッション法律メディア『The Fashion Law』が、マークス英語ブログ「JAPAN TRADEMARK REVIEW」で紹介した「ルブタン赤色ソール色商標・拒絶審…

[記事掲載日:2022年4月12日] ヨーロッパを代表するファッション法律メディア『The Fashion Law』が、マークス英語ブログ「JAPAN TRADEMARK REVIEW」で紹介した「ルブタン赤色ソール形状・不競法判…

[記事掲載日:2021年12月14日] ヨーロッパを代表するファッション法律メディア『The Fashion Law』が、マークス英語ブログ「JAPAN TRADEMARK REVIEW」で紹介した「エルメス・パッケージ色商標出願…

人気アニメ「鬼滅の刃」の主人公・炭治郎のコスチューム柄の商標出願を特許庁が拒絶した件について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークス・三上代表弁理士の解説記事が、ASIA IP LAW.COMサ…

マークス英語サイトで紹介した「メリーポピンズ商標登録無効審判」(審判番号:2019-890040, 公報発行日:2021年6月25日)について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークスの三上代表弁…

マークス英語サイトで紹介した「LE TAN/ルタン」商標異議申立事件」(異議申立番号:2020-900184, 公報発行日:2021年4月30日)について、イギリスの知財メディア「The Trademark Lawyer」の取材に…

マークス英語サイトで紹介した「アルマーニロゴ商標異議申立て事件」(異議番号:2020-900093, 公報発行日:2021年3月26日)について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」より取材を受け、マークスの三上代…

元弁理士が数多く商標出願している問題について、マークス代表の三上弁理士が、世界最大の海外商標メディア「World Trademark Review (WTR)」の取材に応じました。記事全文は、こちら(注意:閲覧には登録が必要です)…

マークス英語サイトで紹介した「シャネルロゴマーク商標異議申立て事件」(異議番号:2019-900284, 公報発行日:2020年12月25日)について、知財に関するネットメディア「Asia IP Law」の取材に応じ、マークスの三…

マークス英語サイトで紹介した「メルセデスベンツStarParts商標不服申立て事件」(不服審判番号:2020-650009, 公報発行日:2020年11月27日)について、知財メディア「The Trademark Lawyer」の…

ヨーロッパを代表するファッション法律メディア『The Fashion Law』が、2020年の世界の商標(Trademark)で特に気になったニュース(Year in Review)Top 13を公表。その中に、マークス代表の三上…

知財に関する世界三大メディアの一つ「The Trademark Lawyer」からの取材依頼に応じ、東京地裁が2020年10月22日に下した、並行輸入に関する商標権侵害訴訟事件判決(平成30(ワ)35053)について、マークスの三…

世界最大の海外商標メディア「World Trademark Review (WTR)」の取材に応じ、日本での「色商標」(Color trademark)に関する知財高裁判決、及び最近の審査状況について、マークス代表の三上弁理士の専…

[記事掲載日:2018年11月16日] ファッション界のバイブルとも称されるニュースジャーナル『WWD』(Women’s Wear Daily)からの取材に応え、マークス英語ブログ「JAPAN TRADEMARK RE…