Newsletter

Newsletter

特許庁ステータスレポート2021

特許庁は、3月31日、「特許庁ステータスレポート2021」を公表しました。昨年(2020)の日本での商標出願件数は、前年から9,701件減り、181,072件でした。商標出願の審査期間(2019)は、前年より1.5~2月程度長くなっており、通常出願が平均9.9ヶ月(権利化まで平均10.9ヶ月)。
Newsletter

特許庁、パソコン買取評価サービスにおける「MACSELL」の使用は、米アップル社「Mac」と誤認混同せず

特許庁は、第36類「パーソナルコンピュータの買取価格の評価」における登録第6223514号商標「MACSELL」について、米国法人アップル社の著名商標「Mac」との混同を生ずるかが争われた異議申立事件において、登録を維持する決定をしました。
Newsletter

知財高裁(日本):「ホームズくん」商標裁判、名探偵ホームズの観念は誰のもの?

知的財産高等裁判所は、令和3年2月22日、文字商標「ホームズくん」と「ホームズ君」の文字等をその構成中に含む引用商標との類似性(商標法第4条第1項第11号)が争われた裁判で、両商標は類似するとの特許庁の判断を支持する判決を言い渡しました。
Newsletter

特許庁判定:通常採用される「立体型マスク」の形状は、商標権の効力範囲に属さず

特許庁は、「布製衛生マスク」の立体商標登録第5988821号の権利者から、イ号標章の形状を施した商品「布マスク」の販売は商標権を侵害すると警告を受けた事業者が請求した判定事件において、イ号標章は商標権の効力の範囲に属しない、と判定しました
Newsletter

【速報】「衛生マスク」と「ファッションマスク(お洒落マスク)」

特許庁は、「ファッションマスク」及び「お洒落マスク」について、第5類の「衛生マスク」(類似群コード:01C01)ではなく、第25類(類似群コード:17A04)に属する商品として登録を認めました。
Newsletter

米国:連邦巡回控訴裁「Lettuce Turnip the Beet」商標事件判決

米国連邦第9巡回区控訴裁判所は、2021年1月20日、「LETTUCE TURNIP THE BEET」の文言がプリントされたTシャツ、トートバッグ等の需要者は、そのフレーズを特定の出所とは認識せず、見た目の良いデザインとしか認識しないと認定しました。
Newsletter

米国:商標法近代化法「Trademark Modernization Act of 2020」が成立 [施行日:2021年12月27日]

2020年12月27日、商標法近代化法案[Trademark Modernization Act of 2020]が米国議会において可決成立し、一年後の2021年12月27日に施行されます。
Newsletter

知財高裁(日本):「エバラ焼肉のたれ容器形状」位置商標事件

知的財産高等裁判所は、12月15日、「エバラ焼肉のたれ」でお馴染みのエバラ食品工業株式会社が出願した、当該商品の容器の表面に付された連続する縦長の菱形形状(ダイヤカット)に係る位置商標(商願2015-47397)について、以下のように述べ、本願商標は第30類「焼肉のたれ」との関係において自他識別力を欠いており、また、長年の使用実績による特別顕著性も認められないとの特許庁の判断を支持し、本願位置商標の登録を拒絶する判断を下しました。 [令和2年(行ケ)第10076号 審決取消請求事件、第3部:鶴岡裁判長]
Newsletter

Newsletter vol.118をリリースしました。

100年近く前から日本で商標登録されている、キューピー株式会社(以下、キューピー社)のマスコットキャラクターとしてお馴染みのキューピー人形(商標登録第147269号、以下、本件登録商標)。一方、アメリカ人イラストレーターのローズ・オニール氏がギリシャ神話のキューピッドをモチーフにキューピー人形、「KEWPIE」の名称を創作したのは、これより10年以上も前の1909年。オニール氏の許可を得ずに出願登録された、キューピー人形及び「KEWPIE」の名称からなる本件登録商標は、大正10年商標法2条1項4号に定める公序良俗に反するか、或いは、同項11号の商品の混同を生ずるおそれがあるか、その有効性が争われた裁判で、知的財産高等裁判所は、12月9日、以下のように述べ、本件登録商標は有効との特許庁の判断を支持する判決を言い渡しました。 2021年1月2日より、米国での商標手続費用が改訂され、大幅に値上げされます。
Newsletter

Newsletter vol.117をリリースしました。

2020年12月31日をもって英国のEU離脱(BREXIT)移行期間が終了し、英国は欧州連合商標(EUTM)制度からも離脱するため、EUTMは、英国において効力を失います。
タイトルとURLをコピーしました